皮膚が擦れると黒ずんでしまう理由

MENU

皮膚が擦れると黒ずんでしまう理由とは?

下着のゴム部分やウエストなど、擦れるところの皮膚が黒ずんでいることはありませんか?

 

この黒ずみの原因は、摩擦です。
摩擦や締め付けを受けている状態が長く続くと、皮膚は黒ずんでいってしまいます。

 

ぼんやりと茶褐色から黒褐色になるこの現象は、摩擦黒皮症と呼ばれています。
では、なぜ擦れることによって皮膚は黒くなってしまうのでしょうか?

 

 

その理由は、メラニン色素です。

 

シミやソバカスの元であるメラニン色素。これができる原因は紫外線だけではありません。
皮膚が繰り返し摩擦や締め付けなどの何らかの刺激を受け続けると、このメラニン色素が生成されるのです。
摩擦刺激によって表皮層に元々あるメラニン色素までもが真皮層の内部まで浸透してしまい、色素沈着を起こして黒ずみとなります。

 

色素沈着は1度定着してしまうとなかなか治りにくく、とても厄介です。
摩擦から守ろうと角質層が厚くなるため、新陳代謝が悪くなり皮膚がゴワゴワしていく場合も。

 

しかも首筋や手足などどこにでもできる可能性はあるので、注意が必要です!
例えばお風呂で体を洗う時。
ナイロンタオルやボディブラシなど、固めで刺激が強いもので擦ることも1つの原因になります。

 

 

黒ずみを起こさないため、そして悪化させないためには、とにかく皮膚に刺激を与えないこと。
ゆったりめで柔らかい生地の下着をつけたり、絶対にごしごし擦ったりしないようにしましょう!
保湿も大事なので、乾燥対策もしっかり心がけて下さい。